クリーンルームの作業環境を改善するために 空調服®を導入

東北エプソン株式会社様

東北エプソン株式会社は、エプソングルー プ国内最大級の製造拠点です。東京ドー ム12個分、54万平米と広大な敷地内では、プリンター ヘッドや産業用大型ラベル印刷機、半導体、ロボット用のパー ツなどを製造しています。
クリーンルーム内は一 定の温度 ・湿度に保たれていますが、作業の場所や内容によっては汗をかくほど体感温度が高くなることがあります。そこで、より快適な作業環境の実現に向けて、2023年10月から株式会社ゴー ル ドウイン「PROFECIO」との協業品クリー ンルー ム専用の空調服®アウター ベストを導入しました。

【インタビュー動画はこちら】

▶COMENTS  設備保全担当 小林潤さん
「汗拭きや着替えが減り、作業効率がアップしました!」

私のチ ー ムは半導体を製造する設備のメンテナンスを担当しています。クリー ンルー ム内は1年中、一定の温度と湿度が保たれていますが、場所によって温度にムラがあり、熱を発する機械の近くなどは暑くなります。作業の場所や内容によってはクリー ンスー ツの下に着るシャツが汗でびっしよりになるほどでしたが、室内の温度設定などを変えるわけにはいかず、暑さを我慢して作業を行っていました。こうした作業環境を改善するために、 2023 年5月にクリー ンルー ム用の空調服®をテスト導入したところ、想像以上の涼しさに大好評でした。そして 10月から本格導入しました。涼しいだけでなく、汗を拭いたり、汗で濡れたシャツを着替える頻度が減って、作業効率がアップしました。

▶COMENTS  設備保全担当 佐藤隆さん
「汗で濡れたシャツを着替える回数が減りました!」

人によっては休憩のたびに汗で濡れたシャツを着替えており、 1日3 回着替える人もいたほどです。空調服®を着ると、涼しくて汗をかきにくくなり、着替える頻度が激減しました。屋外で空調服⑪を着て作業している人はよく見かけていましたが、まさかクリー ンルー ム用があるとは知りませんでした。今では欠かせないアイテムです。

▶COMENTS  設備技術担当 後藤輝幸さん
「作業の中断が減り、スピー ドや正確性が向上しました !」

安全のためにゴー グルをかけますが 暑いとクリー ンスーツの中が蒸れて曇り止めを塗っても曇ってしまいます。以前は、雲ったゴー グルを拭いたり、水分を補給するために作業を中断することがありました。しかし、空調服®を着るようになってからは作業の中断が減り、作業のスピー ドや正確さが向上しました。

他の導入事例

導入事例一覧はこちら

空調服公式オンラインショップ 株式会社空調服直営店 お問い合わせはこちら